巣鴨学園について

100年を超える伝統の中で受け継がれてきた文武両道の精神。
“親心”に基づいた家庭的温情と厳格さで生徒を磨く教育。
巣鴨学園は、時代がどう変わろうと活躍する「真のエリート」を育てます。

トップ巣鴨学園について

学校長挨拶

   巣鴨学園は、1910年(明治43年)に文学博士遠藤隆吉先生が創立した私塾「巣園学舎」をはじまりとし、硬教育(努力主義)による男子英才教育を実践して今日に至っています。

   創立以来100年を越え、次代を担う少年達にはこれまでにもまして、広い視野や語学力、物事のあるべき姿を見すえた問題発見解決能力、明確な立脚点を持った表現力などが求められます。

   しかし、時代がどう変わろうと、少年が持つべき基本姿勢、すなわち自らの可能性を信じ努力し続けること、は変わりません。 少年は可能性の塊です。努力することで自らの可能性を花開かせるのです。

   巣鴨学園で、勉強はもちろんのこと、様々な行事や班活動などの経験を通して、自ら努力し続ける姿勢を養ってください。そして自らの可能性を、夢に、目標につなげていきましょう。夢は見るだけではなく、叶えるものなのです。

   巣鴨学園はすべての生徒が大空へ力強く羽ばたいていくことを願っています。

校長 堀内不二夫

校長 堀内 不二夫

大学合格実績

毎年、難関国公立大学・難関私立大学をはじめ、輝かしい合格実績を残しています。 医学部・医科歯科系大学の合格者が多いのも特徴です。