巣鴨中学校・巣鴨高等学校

access_eye

巣鴨学園の沿革

1910年(明治43年)
創立者遠藤隆吉先生(日本社会学の祖・哲学者・文学博士)が、硬教育による英才教育と人間研究の実践を目指す私塾「巣園学舎」を創設

1922年(大正11年)
当時近代建築の粋を集めた本館が竣工
後藤新平伯(東京市長)が法人顧問に就任
巣鴨中学校創立

1924年(大正13年)
巣鴨商業学校を併設開校

1928年(昭和3年)
巣鴨高等商業学校(現千葉商科大学)設立

1945年(昭和20年)
東京大空襲による学校施設焼失・復旧開始

1947年(昭和22年)
新制巣鴨中学校設立

1948年(昭和23年)
新制巣鴨高等学校設立

1956年(昭和31年)
学校法人名を巣園学舎から巣鴨学園に変更
第四代校長 堀内政三先生就任

1958年(昭和33年)
巣園流水泳学校再開

1965年(昭和40年)
第一回大菩薩峠越え強歩大会開催

1974年(昭和49年)
巣園ギムナシオン竣工

1982年(昭和57年)
巣鴨学園蓼科学校開校

1987年(昭和62年)
東校舎竣工

2007年(平成19年)
第五代校長 堀内不二夫先生就任

2012年(平成24年)
新校舎建設工事開始

2013年(平成25年)
西新校舎(5階建教室棟・講堂)及び
新ギムナシオン体育館が、同時竣工

2014年(平成26年)
南新校舎(4階建教室棟)が竣工

2015年(平成27年)
中央新校舎(6階建教室棟)及び北新校舎
(5階建特別教室棟・図書館)が同時竣工